topbaner
menu_btn00
01
02
03

むし歯とは、細菌が糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯が溶かされる病気です。むし歯になると痛みで物が噛めなくなったり、夜眠れなくなったりします。 痛みを我慢していると歯の神経が死んでしまい一旦痛みは治まることがありますが、そのまま放っておくと歯の中の細菌が増殖してまた痛みが出てきたり、残っている健康な歯に悪影響を与える恐れがあります。多くの場合治療はむし歯の部分を削り取り、人工的な材料を詰めます。歯が大きく壊れ、歯髄にまで達しているため、歯髄をとる(抜髄(ばつずい))処置をしなければいけません。むし歯になると上記のような治療が必要なりますが、なによりも日頃からむし歯にしないよう心がけることが重要です。


歯周病とは口の中の細菌がひき起こす感染症で、歯ぐきが腫れ、歯の周囲の骨が溶けてゆく病気です。 一般的には歯槽膿漏として知られ、プラ-ク(歯垢)中の細菌が歯周組織(歯の周囲の歯肉や骨)に炎症を起こします。歯周病は自覚症状があまりなく、大半の方は放置しています。しかし次第に歯周病が進行すると、歯が「グラグラ」「浮くような感じ」がする、硬いものが「痛くて噛めない」などの症状が現れ、最後には抜け落ちてしまいます。治療は急性症状の緩和、炎症の軽減、原因の除去、歯周病の進行を止める事を目的に行います。具体的には歯垢の除去(プラークコントロール)、歯石の除去(スケーリング)等を行います。


むし歯とは、細菌が糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯が溶かされる病気です。むし歯になると痛みで物が噛めなくなったり、夜眠れなくなったりします。 痛みを我慢していると歯の神経が死んでしまい一旦痛みは治まることがありますが、そのまま放っておくと歯の中の細菌が増殖してまた痛みが出てきたり、残っている健康な歯に悪影響を与える恐れがあります。多くの場合治療はむし歯の部分を削り取り、人工的な材料を詰めます。歯が大きく壊れ、歯髄にまで達しているため、歯髄をとる(抜髄(ばつずい))処置をしなければいけません。むし歯になると上記のような治療が必要なりますが、なによりも日頃からむし歯にしないよう心がけることが重要です。


子供の歯は健やかな成長のために欠かせない宝物です。。「歯」は健康の要といわれるように、長い生涯健康でいきいきと過ごすためには、歯医者と上手につきあっていくことが大切なのです。子供の頃に歯医者を嫌いになってしまうと、ずっと歯医者とのつきあいを敬遠してしまいます。そのため、当院では子供たちが楽しく歯医者に来られるような工夫を凝らしています。クリニックは、単にむし歯を治す所ではなく、子供たちが健康で、夢を叶えていくためのお手伝いをするところでありたいと考えています。